雑誌寄稿

2013年2014年2015年2016年2017年2018年2019年2020年2021年

2013/01

月刊WiLL なぜ若者は安倍を支持するのか
2013/01 月刊正論 亡国の安倍バッシング狂想曲
2013/02 月刊Voice 明治以来の大改革 憲法改正を決断せよ : 国家の土台に『欺瞞」があれば、安全保障はおぼつかない」(長谷川三千子氏との対談)
2013/04 別冊正論 「戦後レジーム」への挑戦者を再び失わないために
2013/07 月刊WiLL 従軍慰安婦問題で国難迫る(渡部昇一氏と対談)
2013/07 明日への選択 一刀論壇:殴る話、二題
2013/09 月刊Voice 靖国の神学・私論(前編)大東亜戦争を通じて現れたもの: 民族の魂の神話的な相聞が成立する場所
2013/10 月刊Voice 靖国の神学・私論(後編)靖国参拝の国民運動化を: 英霊の言葉に耳を澄まさずして「戦後」などあり得ない
2013/11 月刊正論 追想40年:「戦後」と対決した「憮然」たる精神

2014/03

月刊Voice これからが本当の勝負だ:戦後日本政治の似非現実主義から脱却するための戦略
2014/04 月刊Voice 安倍外交私論――属国化を避けるための思想展開――
2014/04 月刊正論 ケネディ大使への手紙:靖国と従弟の君の『特攻』をめぐって
2014/05 月刊正論 反原発文化人への手紙
2014/05 明日への選択 「敗戦国レジーム」突破へ保守は何を為すべきか(渡辺利夫氏、八木秀次氏と座談会)
2014/05 言志 戦後体制打破のため安倍政権打破の動きを封じ込めよ
2014/06 月刊Voice 保守とは何か:考へ、戦ふ作法
2014/07 月刊正論 「今、ここ」が「戦場」であるといふ自覚
2014/秋 文藝春秋SPECIAL 戦後七十年目の国体論:戦後を見直せ――それはその通り。しかし、本当に失ったものは何か
2014/10 月刊Voice ギリギリを、踏ん張る:安倍総理でなければ、急激な国力の低下を阻止できない
2014/10 言志Vol.1 安倍政権への進言・諌言・提言:安倍政権の課題とは吾われわれ保守派の課題にほかならない
2014/11 歴史通 世界が注目する安倍晋三
2014/11 言志Vol.2 問題は朝日新聞だけか:朝日的反日体質根絶のため保守派の大同団結を

2015/01

月刊Voice 国体の回復に「勝機」はあるのか:「歴史」の印綬を帯びた人――安倍首相再説
2015/01 日本の息吹 歴史的上念に衝き動かされる世界(渡辺利夫氏と対談)
2015/春 文藝春秋SPECIAL 三島由紀夫 死後四十五年の宿題:小林秀雄の共感、江藤淳の違和感。死後四十五年に改めて問う
2015/02 月刊正論 偉大なる「常識」:岡崎久彦氏の昭和史『重光・東郷とその時代』を読む
2015/03 言志Vol.3 保守のアベノミクス批判から見える左翼顔負けの”平和ボケ”
2015/05 総特集 福田恆存 人間・この劇的なるもの 福田戯曲と三島戯曲――真の古典性とは何か?
2015/05 月刊正論 かくも怪しき北岡伸一「総理に侵略と言わせる」発言
2015/06 言志Vol.4 保守理念実現の基盤としてのアベノミクス
2015/07 月刊正論 戦後思想を考える・保守編 日本のための五冊:生への姿勢
2015/07 祖国と青年 戦後七十年――平和主義を問い直す
2015/12 言志Vol.5 日本を真に復興させるのは読むべき国語を読み継ぐ国民である

2016/03

月刊正論 吉永小百合さんへの手紙:「平和」を愛するなればこそ
2016/04 祖国と青年 喪失の戦後に自立の思想を求めて
2016/04 月刊WiLL 違法報道を許さない!TBSの「社会的不適格性」
2016/06 明日への選択 テレビが日本に全体主義を呼び込む日
2016/06 月刊Hanada TBSが犯した「重大犯罪」:TBSは二度死んだ
2016/06 月刊正論 記紀を見据える常識のリアリズム 憲法改正を「九条二項」から始めるべき理由
2016/07 月刊正論 亡国前夜或いは自由の喪失
2016/07 月刊Hanada 激突討論 テレビは偏向しているか(田原総一朗氏と対談)
2016/09 月刊正論 なぜ憲法は争点たり得なかつたのか――政党政治の堕落
2016/10 月刊Voice 保田與重郎と萬葉集(上)歌で紡がれる日本の歴史、皇室の純粋性
2016/11 月刊Voice 保田與重郎と萬葉集(下)同時代への「政治」への異論と亡びの自覚が強いたもの
2016/11 明日への選択 メディアの暴走を許してよいのか
2016/11 月刊正論 日本虚人列伝シリーズ第2回:大江健三郎――装はれた難解さ 隠れた乏しさ
2016/12 月刊Hanada 私の「帝室論」 天皇陛下の御言葉を読む

2017/03

月刊正論 「保守主義者」宣言
2017/03 月刊Hanada 「電通鬼十則」どこが悪いのか
2017/04 月刊正論 日米同盟、得しているのはどっち?(上念司氏、江崎道朗氏と鼎談)
2017/05 月刊Hanada 総力特集・森友学園騒動の真相:売国野党とメディアの異常
2017/08 JAPANISM 38 リベラリストによる言論弾圧の実態(ロバート・D・エルドリッヂ氏、ケント・ギルバート氏、KAZUYA氏との座談録)
2017/08 月刊Hanada 小池百合子都知事と日本共産党
2017/09 月刊正論 追悼岡田英弘 「歴史は文化」近代史学へのアンチテーゼ
2017/09 月刊Hanada 告発スクープ:加計学園問題の”主犯”は石破茂
2017/10 月刊Hanada タッグを組んで「安倍叩き」 朝日新聞と文藝春秋(櫻井よしこ氏、阿比留瑠比氏と鼎談)
2017/11 明日への選択 森友・加計報道が浮き彫りにしたメディアの「破産」
2017/11 月刊Hanada 戦後最大級の虚報 朝日新聞「加計報道」徹底検証
2017/冬 文藝春秋SPECIAL 合理性なきGHQ遺制を脱却せよ:「生前退位」の一語があらわす荒廃――いまこそ「致命的な欠陥」を正すときだ
2017/12 JAPANISM 40 インタビュー『徹底検証 テレビ報道「嘘」のからくり』を語る
2017/12 月刊致知 日本のテレビ報道はこれでいいのか
2017/12 月刊正論MEGA 現代の保守に求められるもの(江崎道朗氏と対談)

2018/01

月刊Hanada 森友・加計報道は朝日新聞の言論テロ(長谷川熙氏と対談)
2018/01 月刊Voice なぜ私は朝日と闘うのか メディアが自由を壊す
2018/01 月刊正論 モリカケ”人民裁判”は国会議員の思い上がり(加地伸行氏と対談)
2018/02 月刊正論

あんなもの送ってくる朝日新聞こそ腐敗権力だな(笑)(高山正之氏と対談)

2018/02 月刊Hanada

朝日抗議文を完全論破:新聞社として恥を知りなさい

2018/03 月刊正論

第18回正論新風賞受賞記念論文:「危機」と「知識人」――「世界史」を動かす「思想」の力を手にせよ

2018/03 月刊Hanada

朝日訴訟「賠償金5000万円要求」は言論抹殺だ

2018/04 月刊Hanada

朝日新聞の自殺

2018/04 JAPANISM 42

国民主権を破壊する野党とマスコミ(杉田水脈氏と対談)

2018/04 月刊Hanadaセレクション

日本のマスコミに「言論の自由」はない

2018/04 月刊Voice

危機を直視せよ 働き方まで国に任せる愚

2018/05 月刊Hanada

五千万円損害賠償請求で朝日新聞が訴状を「偽造」

2018/05 月刊正論

恋愛至上主義 日本人が死に至る病

2018/06 月刊Hanada

いま日本に問われているのは「常識」を採るか、「狂気」を採るかだ

2018/07 月刊Hanada

日本は今、「お笑い恐怖社会」

2018/08 月刊Hanada

真の政治家に脱皮できるのか 小泉進次郎氏へ直言する

2018/08 月刊Hanadaセレクション

緊急寄稿 今再び新たなる「約束の日」を

2018/08 月刊Voice

明確になった「次の三年」の課題 安倍政権をかくも消耗させているのは誰だ――

2018/09 月刊Hanada

籠池長男が反省告白 両親は安倍総理夫妻に謝れ(籠池佳茂氏と対談)

2018/09 日本の息吹

安倍政権の成し遂げたこと

2018/10 月刊Voice

「国家」に力を与えよ 自由を守る百年戦争

2018/10 月刊Hanada

ポスト安倍「七つの条件」

2018/10 新潮45

政治は「生きづらさ」という主観を救えない

2018/10 JAPANISM 44

魔女狩り状態の日本から当たり前の日本へ(杉田水脈氏と対談)

2018/11 月刊Hanada

安倍総理は残り三年駆けて、駆けて、駆け抜ける(谷口智彦氏と対談)

2018/11 明日への選択

この時代の大転換に、どう立ち向かうか(西岡力氏、岡田邦宏氏とのシンポジウム録)

2018/11 月刊正論

正論読者が選んだ戦後リベラル「三悪人」:選・解説

2018/12 月刊Hanada

『新潮四45』休刊と言論の自由 小川榮太郎独占手記:私を断罪した者たちへ

2019/01

日本の息吹

令和の劈頭に立ちて

2019/01 月刊Hanada

出版社の自殺、言論の自滅――私を差別主義者扱いする論壇諸氏へ

2019/02 JAPANISM 47

プロパガンダに成り下がったマスコミ

2019/03 月刊Hanada

安倍総理、そして保守派諸氏に訴う

2019/06 JAPANISM 49

主役が小沢から安倍に移行した平成の時代

2019/07 月刊正論

戦後イデオロギー排して「国家」を取り戻せ

2019/07 サンデー毎日

保守リベラル激突思想戦:歴史認識、安倍政権の評価(斎藤貴男氏と対談)

2019/08 月刊Hanada

令和日本勝利の方程式

2019/08 JAPANISM 50

自然科学としてのスピリチュアルを探求せよ

2019/09 月刊Hanada

朝日五千万円訴訟中間報告 朝日新聞は反社会的組織

2019/10 月刊正論

特集・表現の不自由:「不自由」を作るのは君らだ

2019/10 月刊Hanada

性被害者を侮辱した「伊藤詩織」の正体

2019/11 歴史通愛蔵版

国柄を守る苦闘の二千年

2019/11 月刊Hanada

「伊藤詩織」は性被害者か

2019/12 JAPANISM 52

伊藤詩織問題に見る反資本主義者たちの下品な戦い(山口敬之氏と対談)

2020/01

月刊WiLL

国柄の本質――神代と人代の融合(長谷川三千子氏と対談)

2020/01 Apple Town

真実を伝えるべくアカデミズムとメディアにゲリラ戦を(元谷外志雄氏と対談)

2020/01 月刊Hanada

「伊藤詩織」に群がる面々

2020/01 WAGO

令和時代をいかに生きるべきか?(日本経済人懇話会より)

2020/02 日本の息吹

『日本書紀』編纂千三百年に寄せて

2020/02 月刊Hanada

桜を見る会と愛子天皇

2020/03 WiLL SPECIAL:だから今こそ憲法改正を

安倍時代の改憲しかあり得ない:「論」より「運動」のとき

2020/05 月刊Hanada

総理の決断が感染爆発を止めた

2020/07 月刊Hanada

西浦教授と専門家会議の大罪――八割行動制限は必要なかった!

2020/07 月刊WiLL

「非科学のカベ」――安倍総理の判断を迷わす専門家会議

2020/07 明日への選択

武漢ウイルス禍から何を学ぶべきか

2020/07 月刊WiLL

中国をテロ国家に指定しろ(高山正之氏と対談)

2020/08 月刊Hanada

「菅義偉総理」待望論

2020/09 月刊WiLL

新型コロナ第二波はこない(上久保靖彦氏と対談)

2020/10 月刊WiLL

何度でも言う。コロナは無症状の風邪です(上久保靖彦氏と対談)

2020/11 月刊Hanada

菅真総理への進言 理想的な総理への道

2020/11 日本の息吹

安倍政権が残したもの

2020/11 月刊WiLL

安倍総理が日本を取り戻してくれた(阿比留瑠比氏と対談)

2020/12 月刊WiLL

研究費不正疑惑の説明責任を果たしたのか(高山正之氏と対談)

2021/01

月刊Hanada

菅総理よ、真の保守政権たれ

2021/02

月刊Hanada

異常な検察リークは安倍破壊工作

2021/03

月刊Hanada

尾崎治夫東京医師会長の「破壊洗脳活動」

2021/03

ぱする通信

批評家は社会のプロデューサー

2021/04

月刊Hanada

小池百合子の野望を挫け

 

 

Share