プロフィール

文藝評論家。一般社団法人日本平和学研究所理事長。昭和42(1967)年生まれ。大阪大学文学部美学科(音楽学専攻)、埼玉大学大学院修士課程修了。専門は近代日本文學、十九世紀ドイツ音楽。受賞歴は、フジサンケイグループ主催第十八回正論新風賞、第一回アパ再興大賞特別賞。

これまでの著作についてはこちらのページをご覧下さい。

雑誌論文・講演会などの情報については、一般社団法人日本平和学研究所のホームページをご覧下さい。

Back in the days…

大阪大学在学中に文芸同人誌「一粒の麥」を発刊・主宰し、文芸批評や社会批評を多数発表。同誌の寄贈を通じて福田恒存、音楽評論家の遠山一行の知遇を得、両者に私淑。2003年(平成15年)、遠山一行の推薦により文藝誌「新潮」編集部に寄稿した「川端康成の『古都』」が、第三十五回新潮新人賞・評論部門の最終候補作となる。

『一粒の麥 第十號』目次

『一粒の麥 第九號』掲載「福田恆存試論(一)序及び福田恆存の「平和論論爭」に就て」

Share