マスネ作曲《マノン》5幕 バレンボイム/ネトレプコ/ヴィラゾン他/ベルリン國立歌劇場(2007.5.3~9)(5)小川榮太郎(2008年09月08日)

(旧ブログ「ザ・クラシック評論」2008年09月08日より)  今囘の上演は、以上のやうに、2人の歌手の壓勝と云へるが、實際には、緻密なチームプレーが、2人を引立たせたがゆゑに勝利でもある。その意味で、先に觸れたパターソ...

マスネ作曲《マノン》5幕 バレンボイム/ネトレプコ/ヴィラゾン他/ベルリン國立歌劇場(2007.5.3~9)(4)小川榮太郎(2008年09月07日)

(旧ブログ「ザ・クラシック評論」2008年09月07日より)  幕でまづ耳をそばだてさせたのは、ヴィラゾンのデ・グリューだ。音樂的な書法が充實してゐる譯でも、インスピレイションに溢れてゐる譯でもない最初の二人の出會ひの場...

マスネ作曲《マノン》5幕 バレンボイム/ネトレプコ/ヴィラゾン/ベルリン國立歌劇場(2007.5.3~9)(3)小川榮太郎(2008年09月06日)

(旧ブログ「ザ・クラシック評論」2008年09月06日より)  昨日發表分に關し、「ビゼーの《カルメン》が、メリメの原作の強烈な效果を、一層際立たせようと努めた」とした點がよく呑込めなかつたといふ讀者の聲があつたので、短...

バレンボイム&ベルリン國立歌劇場の《トリスタン》平成19(2007)年10月8日/小川榮太郎(2008年02月20日より)

(旧ブログ「ザ・クラシック評論」2008年02月20日より)  今日は他のことを書くわけにはゆかない。私は、今、初日を迎へたダニエル・バレンボイム指揮のベルリン國立歌劇場の《トリスタン》を聽き、完全に打ちのめされてゐる。...